セルカレンズの検索結果


ゲームポータル『@games(アットゲームズ)』ペットシステム「セルピット」正式サービス開始のお知らせ
https://www.inside-games.jp/article/2007/06/05/20933.html
株式会社ジークレスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長沢 潔)は、無料でプレイできるオンラインゲームのポータルサイト「アットゲームズ」において、6月5日(火)より、アットゲームズ内アバター「セルフィ」のペットシステム『セルピット』の正式サービスを実施いたします。
『@games』セルピット専用ガチャシステム「ガチャピット」が登場
https://www.inside-games.jp/article/2007/06/15/21234.html
株式会社ジークレスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長沢 潔)は、無料でプレイできるオンラインゲームのポータルサイト『アットゲームズ』において、セルフィエリアで飼育できるセルピットやセルピット専用の衣装がランダムで手に入る『ガチャピット』の販売を2007年6月15日(金)15:00より開始いたしました。
『@games』新セルピットに「アンコタン」が登場
https://www.inside-games.jp/article/2007/06/19/21325.html
株式会社ジークレスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長沢 潔)は、無料でプレイできるオンラインゲームのポータルサイト「アットゲームズ」において、6月19日(火)より、アットゲームズ内アバター「セルフィ」のペットシステム『セルピット』の正式サービスを実施いたします。
『@games』「ココほれセルピ」サービス開始
https://www.inside-games.jp/article/2007/10/10/24147.html
株式会社ジークレスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長沢 潔)は、無料でプレイできるオンラインゲームのポータルサイト『アットゲームズ』にて、「ココほれセルピ」を2007年10月9日(火)15時サービス開始したことをお知らせ致します。
【OGC 2014】スーパーセル、『クラッシュ・オブ・クラン』や『ヘイデイ』を生み出した新進気鋭のデベロッパーの会社哲学
https://www.inside-games.jp/article/2014/04/28/76358.html
10周年という節目を迎えるOGC。今回は、『クラッシュ・オブ・クラン』や『ヘイデイ』で有名なスーパーセル(Supercell)のCEO、イルッカ・パーナネン氏が記念講演を行いました。
IBMが近いうちに次世代機向けチップについて発表
https://www.inside-games.jp/article/2004/03/24/13300.html
gameindustry.bizによれば、IBMはPS3に使用される予定の「セル」とXBox2や任天堂のN5に使用される予定の「Power 5」について近く発表する方針を固めたそうです。
Wii U版『スプリンターセル ブラックリスト』発売の噂が再浮上
https://www.inside-games.jp/article/2012/10/31/60988.html
先週末に秋葉原で開催されたイベント「UBIDAY2012」では日本語版の発売も発表されたステルスアクションシリーズ最新作『スプリンターセル ブラックリスト』のWii U版発売の噂が再浮上しています。
ソフトバンク、スーパーセルの株式を約7700億円でテンセントに売却
https://www.inside-games.jp/article/2016/06/21/99774.html
ソフトバンクグループは、同社の子会社が保有するスマホゲーム大手スーパーセル(Supercell)の株式の全てを、中国のテンセント・ホールディングスの関係会社に売却することで最終的な合意に至ったと発表しました。
『スプリンターセル』はレボリューションでも?―プロデューサー
https://www.inside-games.jp/article/2006/04/16/18225.html
Cubed3によれば、最新号の「Official Nintendo Magazine」に人気のFPSシリーズ最新作『スプリンターセル ダブルエージェント』のプロデューサーへのインタビューが掲載されていて、レボリューションについて興味深い事が述べられています。
ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収
https://www.inside-games.jp/article/2013/10/15/71158.html
本取引の理由としては、スーパーセルのセールス実績とマーケティング力の高さが挙げられており、ガンホーグループの世界展開を強化し、同社とスーパーセルをコンテンツ分野の牽引役として、「モイルインターネット世界No.1」に向かって邁進するとしています。