個人セッションの検索結果


CEDEC 2007が9月26日から東京大学で開催決定
https://www.inside-games.jp/article/2007/03/27/20183.html
国内における最大のゲーム開発者によるカンファレンス、CEDECの今年の開催概要が決定しました、それによれば開催期間は9月26日(水)〜28日(金)で、会場は東京大学(東京都文京区)となります。
ユーザーのアイドル像を壊さないために―『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のLive2Dチームへインタビュー
http://www.inside-games.jp/article/2018/02/11/112708.html
Live2Dのカンファレンス「alive 2017」。ここでは、KLabのセッション「~アイドルの個性を引き出すLive2Dの表現方法~」に登壇された原脩司朗氏、青柳里奈氏へのインタビューをお届けします。
GDC、参加者が過去最高を更新―18000人
https://www.inside-games.jp/article/2008/02/29/27462.html
サンフランシスコのモスコーン・コンベンション・センターで先週開催された世界最大のゲーム開発者向けカンファレンス、ゲームデベロッパーズカンファレンスの来場者数が18000人を超え、過去最大になったということです。イベントを主催するCMP Game Groupが発表しました。
ゲーム上で“生きている”アイドルを表現する―『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のLive2D事例を紐解く
http://www.inside-games.jp/article/2018/02/11/112707.html
スマートフォン向けリズムアクションゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』におけるLive2Dの表現方法などを紹介したKLabのセッション「~アイドルの個性を引き出すLive2Dの表現方法~」についてお届けします。
CESAが「CEDEC2004」の講演者を募集中
https://www.inside-games.jp/article/2004/04/01/13362.html
CESAは2004年9月6日(月)〜8日(水)の期間で工学院大学にて開催する「CEDEC2004」での講演者を募集しています。より幅広いニーズに応えられるカンファレンスを目指し、全国の企業、大学などで関連技術の開発・研究を行っている人などが対象です。
Suda51氏、ピーター・モリニュー氏らがGDCで講演決定
https://www.inside-games.jp/article/2007/01/11/19844.html
世界最大のゲーム開発者によるカンファレンス、ゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC)の主催者であるCMP Game Groupは、今年開催する3つのプログラムを明らかにしました。GDC 2007は3月5日〜9日に開催されます。年々存在感を増しているイベントですがE3が縮小されることもあって、今年は例年以上の注目を集めそうです。
【ニコニコ超会議3】未来のスポーツはどうなるのか ― eスポーツプロデューサー犬飼博士氏と研究者らが議論
https://www.inside-games.jp/article/2014/04/29/76392.html
個性あふれる創作物がずらりと並んだ、ニコニコ超会議3の「ニコニコ学会βシンポジウム」ブース。最終日のフィナーレを飾るかたちで、「スポーツの未来」を語る野心的テーマのセッションが行われました。
【SIG-Audio#4】音楽とゲームプレイの調和・・・GDC2013報告会 音楽編
https://www.inside-games.jp/article/2013/06/22/67766.html
2013年05月24日(金)、スクウェア・エニックスでNPO法人IGDA日本オーディオ専門部会(SIG-Audio)主催の「SIG-Audio#04 GDCオーディオ報告会」が行われました。
【CEDEC 2012】ゲームを使って楽しくリハビリを、『樹立の森 リハビリウム』で見えた課題と期待
https://www.inside-games.jp/article/2012/08/22/59121.html
CEDEC 2012初日の午後、ショートセッション「ゲームが与える『人にいいこと』」の一つとして「リハビリ用シリアスゲーム開発・運用・そしてビジネスへ -『樹立の森 リハビリウム1・2』制作、2年間の軌跡-」が実施されました。
【GDC2011】ビジネスに重要なのは愛だろ、愛!BioWareにおけるローカライズプロセスについて
https://www.inside-games.jp/article/2011/03/02/47664.html
2月28日に行われた「Localization Summit」の6セッションのうち、キーノートとなったのが15時から行われたBioWareのスタッフによる「ローカライズと開発:ラブストーリーが素晴らしいビジネスをもたらす!」と題されたセッションでした。