考慮の検索結果


「みんなが一緒に遊ぶ『ゼルダ』」とは? ― 任天堂のクリエイターが未来像を提示
https://www.inside-games.jp/article/2010/06/29/42936.html
『ゼルダの伝説』のクリエイターはオンライン要素とDLC(ダウンロードコンテンツ)に関して考慮しているそうです。
【gamescom 2013】Crytekが次世代機にも対応した新たな“CRYENGINE”を発表、デモ映像も公開
https://www.inside-games.jp/article/2013/08/22/69669.html
ドイツのゲームデベロッパーCrytekは本日、同社が手がけるゲームエンジンの最新版となる“<b>CRYENGINE</b>”を発表しました。エンジンは常に進化を続けているという事実を考慮して今後はバージョンの表記が取り払われるのだそうです。
カプコンが「ResidentEvil5.com」や「ViewtifulJoe3.com」を登録
https://www.inside-games.jp/article/2004/07/27/14441.html
カプコンが同社の注目される3つのシリーズの続編のドメインネームを登録していたことが分かりました。もちろん現に開発が進とは言えませんが、少なくとも考慮に入れていることを示すと言えるでしょう。
「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」
https://www.inside-games.jp/article/2016/01/07/94714.html
1月7日未明、いよいよ予約受付がスタートし価格設定や出荷時期が明かされた製品版「Oculus Rift」。世界的な注目を集めるこのデバイスを手掛けたOculus VRのCEOパーマー・ラッキー氏から、製品に関するツイートが投稿されています。
【アクセサリiNSIDE】第6回 ソフトグリップケース for DS
https://www.inside-games.jp/article/2005/03/03/15865.html
ニンテンドーDSの持ち心地に不満を持った経験はないでしょうか? 持ち心地は考慮されていると言っても、据え置き機のコントローラーなどと比べると随分と劣ります。そんな不満に対応するのがミヤビックスから発売中の「ソフトグリップケース for Nintendo DS」です。
家庭用ゲーム市場は底打ちへ、2004年国内売り上げ
https://www.inside-games.jp/article/2005/01/12/15438.html
ファミ通などを発行するエンターブレインは2004年の国内家庭用ゲーム市場が前年に比べて0.7%減の4279億円となったと発表しました。集計期間外になった大作ソフトを考慮すると増加になるとのことで、市場縮小には歯止めがかかったようです。
【昨日のまとめ】任天堂社員が語る『スプラトゥーン』インク表現と楽曲、スマホ『遊戯王 デュエルリンクス』対戦動画公開、海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露…など(3/29)
https://www.inside-games.jp/article/2016/03/30/97360.html
皆様おはようございます。3月も終わりが近づきつつあります。約一ヶ月後にはゴールデンウィークが控えているので、そろそろスケジュールの調整などを考慮してみてはいかがでしょうか。「昨日のまとめ」、3月29日の注目記事をご紹介します。
GBA『デビチル』と『EX日本特急旅行ゲーム』が発売中止に
https://www.inside-games.jp/article/2004/02/23/12996.html
アトラスは、2004年に発売を予定していたGBA用ソフト『真・女神転生デビルチルドレン メシア・ライザー』と、『EX日本特急旅行ゲーム』(タカラブランド)の発売を中止すると発表ました。事業の方向性などを考慮した結果、この2タイトルはユーザーに満足てもらうには難しい状況と判断したということです。
アクレイム、破産間近?―テュロック・MLBのライセンスも失う
https://www.inside-games.jp/article/2004/07/06/14295.html
米パブリッシャー・アクレイムは今回発表した2004年度会計報告の中で現在要請している融資が行われなければ会社を閉鎖することを考慮していると明らかにしました。売上も利益も2003年度に比較して著しく低下していて維持するのは不可能と見られています。
スクウェア・エニックスがUIEvolutionを売却
https://www.inside-games.jp/article/2007/12/17/25831.html
スクウェア・エニックスは完全子会社で米国ワシントン州のUIEvolution,Inc.の全株式を第三者に譲渡したと発表しました。「当社、UIE、および当社株主の利益を考慮したうえで、本件譲渡が最善の施策であると判断した」としています。譲渡が業績に及ぼす影響は軽微であるとのこと。