見方の検索結果


Wii後継機に対するサードパーティデベロッパーの見方
https://www.inside-games.jp/article/2011/05/11/48948.html
E3で発表される予定の任天堂のWiiの後継機。サードパーティのデベロッパーはどのように捉えているのでしょうか? IndustryGamersが声を紹介しています。
オバマ大統領「スティーブは世界の見方を変えてくれた」
https://www.inside-games.jp/article/2011/10/06/51962.html
 米国オバマ大統領は、米国時間の5日スティーブ・ジョブズの訃報を受け、ホワイトハウスのブログとTwitterで追悼の声明を発表した。
Wiiの生産は既に開始? 早期発売の見方が広まる
https://www.inside-games.jp/article/2006/07/06/18697.html
任天堂はWiiが一般の期待よりも安い価格になると何度も言ってきましたが、発売日も期待よりも早くなるのではないか、とCNN/MONEYにChris Morris氏が連載しているコラム「Game Over」で述べられています。
DS後継機種の噂が錯綜・・・GDCで発表との見方も
https://www.inside-games.jp/article/2010/02/16/40459.html
ニンテンドーDSが発売されたのは2004年11月21日。既に5年が経過し、次世代機が登場するのではないかという噂が広がっています。当然、各メーカーは常に次世代機の研究を行っていて、問題はそれが「いつか」ということです。
次世代機は2012年? 引き金を引くのは任天堂!?―アナリスト
https://www.inside-games.jp/article/2008/08/26/30872.html
Edge-Onlineによれば、Lazard Capital Marketsのアナリストであるコリン・セバスチャン氏は月曜日に出した投資家向けのノートで、「次世代ゲーム機の登場時期について、2011年以前にはまずないというのが業界の主流的な見方で、2012年というのが最も可能性があると考えられている」と述べたということです。
KLab、コンプガチャ指導があれば「従う」・・・売上への影響は5%以下との見方
https://www.inside-games.jp/article/2012/05/07/56392.html
消費者庁がコンプガチャの規制に乗り出す方針と伝えられた件について各社は沈黙を保っていましたが、KLabが14時20分に「消費者庁によるコンプリートガチャ中止要請報道について」とのプレスリリースを発表。初めて見解を明らかにしました。
米Lazard Capital Markets、Wiiの品薄は年内続く?
https://www.inside-games.jp/article/2007/05/28/20801.html
米Lazard Capital Marketsのアナリスト・Colin Sebastian氏はレポートの中で、任天堂のWiiは2007年のホリデーシーズンでも需要が供給を上回る状態が続くとの見方を示しました。またレポートでは任天堂や小売店GameStopからのコメントを総合したところ、現在の月間生産量は150万台程度のようです。
「Wiiは4000万台、PS3は7100万台」―野村證券・桜井氏
https://www.inside-games.jp/article/2006/07/30/18797.html
野村證券金融経済研究所のシニアアナリストの桜井雄太氏は、Businessweekの記事の中で、次世代ゲーム機の売上予測について、Wiiを4000万台と見込む一方、プレイステーション3は7100万台となり依然としてトップの地位を保つだろうとの見方を示しました。
【任天堂資料庫】第4回 四半期決算の見方(前編)
https://www.inside-games.jp/article/2004/02/07/12855.html
<TABLE border="0" align="right" cellspacing="0">
Wiiの製造コストは当初から45%ダウン?
https://www.inside-games.jp/article/2009/04/07/34636.html
Wiiの価格は発売当時から2万5000円となっていますが、製造コストは発売当初から比較して45%ダウン程度が達成されているのではないかとフィナンシャルタイムズ(電子版)が伝えています。これは2009年3月の販売ランキングでPS3がWiiを初めて上回った記事に関連して寄せられているもの。